2008年11月25日

京都と大阪でたこ焼きの中身は違う

京都と大阪でたこ焼きの中身は違います。 京都である私と大阪の方とで話し合ったことがあります。
京都では中にキャベツを入れます。大阪ではキャベツは入れないとの事です。


大阪では「キャベツを入れたたこ焼きはたこ焼きではない!!」
と言われました。京都ではどちらもたこ焼きと思っています。

京都のたこ焼きはキャベツが入るため歯ごたえがあり、常に丸いまんまをキープ出来ています。
大阪のたこ焼きは中身がトロトロで出来立てはやけどしそうな位です。
キャベツのない中身トロトロにより、形は崩れて丸くはないです。

キャベツが入っている分、満腹感は京都が勝っています。
どちらが美味しいかと言うとどちらも美味しいです。
口の中の気分にて味を想像し、どちらを食べるか気分で決めています。。
posted by hiro at 00:33 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


topページへ